カフェラウンジ パンドラ (東京・目黒 雅叙園内)

パンドラは東京目黒のホテル雅叙園内にあるカフェラウンジで都心とは思えない光景を眺めながらアフターヌーンティーを楽しめるお店です。
住所:東京都目黒区下目黒1-8-1 目黒雅叙園
電話:03-5434-3858 (予約はできないようです)
HP:http://www.hotelgajoen-tokyo.com/restaurant/shop/pandora
食べログHP:https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13014103/

JRや東急線の目黒駅から急な坂を下って4分のところにあるホテル雅叙園に入り、少し奥の方にアフターヌーンティーを楽しめるカフェラウンジパンドラがあります。

数階の吹き抜けの高い天井、ガラス張り、そしてガラスの向こうにはしぶきをあげて流れ落ちる自然の中の滝を眺めることができて、とても都心のど真ん中とは思えない光景です。

ピアノも定期的にピアニストがきて、会場に合った和やかな曲を奏でています。

さらに、バブル期の1991年に850億円かけて改装したという雅叙園の中でも絢爛豪華で有名なトイレが、すぐ隣にあります。豪華な屏風絵とトイレの中に小川が流れている様子はこちらのサイトに詳しく記載されています。

アフターヌーンティーセット 2,100円/セット+サービス料10%

かわいらしいリボン結びのポッドワーマーに包まれて紅茶が運ばれたのち、サンドウィッチとデザートのセットが用意されました。

一番下のお皿はサンドウィッチと小料理。2番目のお皿はマカロン、チョコディップのイチゴ、フルーツ小皿、プリン。3番目のお皿にはケーキで、今回はマカロンでした。夕方4時頃にはケーキがなくなってしまうことがあるようで注意が必要です。

アフターヌーンティーはもともとロンドンで、ランチの習慣がなかった時代に、夕食までお腹が持たない貴婦人が始めたものですので、ほんとにお昼のおやつ感覚できちんとランチを食べてから行くとお腹がパンパンになります。

ケーキはさすが一流ホテル・結婚式場のもので、しっとりとした甘みとアルコールが香るモンブランでした。

紅茶は茶葉がそのまま入っているわけではなく、ミルクティーの場合は、当店のロイヤルブレンドという名のティーバッグが入っていると係の方が教えてくださいました。長いことお湯につけていても不思議と渋みはでませんでした。

なお、これだけのボリュームですので、飲み方を調整しないと最後のデザートまで紅茶がもちません。係の方にお願いすると、気軽にお湯をポッドに足して持ってきてくださいます。

ゆったりとした雰囲気とボリュームとお味からしてかなりリーズナブルに思いました。

 


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA