はじめに

ニューヨークの駐在から帰任命令が出た時、日本に持って帰るために買い込んだの現地スーパーで売っている紅茶、ハーブティーでした。駐在当初、普通のスーパーでもいろんな趣向の方向けに、いくつもの棚にわけて所狭しと色鮮やかな紅茶・ハーブティーが並んでいることに驚かされたのをはっきりと覚えています。

特に、ハーブティーはアメリカで初めて出会いました。もちろん、ハーブティーの存在は知っていましたが、日本では男性がこれほど気軽にハーブに接する機会はありませんでしたし、日本に帰国してあらためてスーパーをみても、あらゆる機能をうたった色とりどりのハーブティーのコーナーはほとんど目にすることはありません。

その大きな要因は薬事法があり機能性表示ができないことにあるのではないかと思います。高齢化と医療費負担が社会的課題となり、健康寿命が世間の注目を浴びる中、ハーブティーの効能を享受する機会が少ないのは残念に思います。

日本に帰国して以来、ますます紅茶やハーブティーに興味を持っていましたが、2017年3月のBRUTUS「New Wave of Tea」特集を手にすることになりました。

当雑誌に掲載されていたあるTea Shopを訪れてみると、親切な店長に日本紅茶協会のティーインストラクター制度をご紹介してもらいました。単なる趣味から、体系立てた知識を積み上げたものにするため、早速、2017年4月開講のクラスに申し込んでみることにしました。

そういった経緯で、本サイトは、普段、ビジネスの世界、デジタルの世界に身を置いている自分が紅茶の知識を深めつつ、ビジネス視点で紅茶、ハーブティー市場を整理するようなサイトをつくっていきたいと考えています。

なお、本サイトの記載内容についてのお問い合わせなど、以下のフォームからご指摘頂けますと幸いです。