HEDIARD エディアール <フランス>

HEDIARD エディアールは1854年にFerdinand Hédiard氏がパリにオープンした食料品店です。

電話:+33 1 82 41 05 23
HP:http://www.hediard.com/
日本HP:http://www.ct-c.co.jp/foods/hediard.html

Ferdinand Hédiard氏は職人の息子として生まれ14歳の時に大工の見習いとして技術を磨く旅にでます。その旅の中で、1848年にある港で世界から集められた砂糖やラムの缶、コーヒー豆が積み上げられているのをみつけます。この旅が彼の人生を変え、大工の道を諦めてパリに食料品店を開く決意をさせます。
1850年にはまだ十代でありながら荷車を手に入れて食料品の販売を始め人気を博し、1854年に店舗をオープンしました。1870年には二店舗目を開設し1886年には一店舗目を売却して二店舗目がフラッグシップ店となりました。
1890年には創業者Ferdinand氏の義理の息子であるMax Kusel氏が店を引き継ぎ、様々なオリジナル商品を開発し始めます。さらに事業を継いだMax氏の息子のJean Kusel 氏は1935年にギフト市場を開拓し、Gift Boxを開発します。
1960年代はパリでのプレゼンスを高め、さらに1970年代にグローバル展開を始めます。1973年のMaison Hédiardの 日本での成功を皮切りに、韓国、マダガスカル、シンガポールへと展開します。
2007年にフランス政府から「living heritage company」として認定をうけています。
DAMMANN Frères ダマン・フレール、Fauchon フォションなどと同様、フランス発の有名ブランドが日本を最初のグローバル拠点とするところが興味深いです。日本では三越伊勢丹グループの輸入商社株式会社センチュリートレーディングカンパニーが取り扱っています。
※エディアール ブレックファースト 100g1,814円


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA