Williamson Tea ウィリアムソンティ― <イギリス>

Williamson Teaは1866年にインドにルーツを持つ紅茶ブランドでケニア産紅茶を専門に扱っています。

住所:Manor Farm Little Bedwyn Estate Nr Marlborough Wiltshire SN8 3JR
電話:0333 0144522
HP:https://www.williamsontea.com/

Bloombergによれば、Williamson Tea ウィリアムソンティ― の創業は1866年となっています。Williamson Tea ウィリアムソンティ― はWILLIAMSON FINE TEAS LIMITEDが運営していますが、その持株会社でGeorge Williamson & Coがあります。そのGeorge Williamson & Coの創業が1866年で、140年以上の歴史をもつというのはそのことからきています。

より正確には、1866年にCaptain J H Williamson氏というアッサムの茶園経営に携わっていた方が、R B Magor氏というカルカッタでGreat Eastern Hotelを経営していた方と面会します。彼らは1869年にインドで2年間の共同ビジネスの契約を結びました。その後ビジネスの契約期間は更新を続けます。

1898年にJ H Williamson氏は亡くなり、1904にはJ H Williamson氏の義理の兄弟であるRobert Lyell氏とR B Magor氏が半々のJVでWilliamson Magor & Coを設立したのです。その少し前にロンドンでJ H Williamson氏の兄弟であるGeorgeが設立していたGeorge Williamson & Coとビジネスを始めたのです。

R B Magor氏は1933年に亡くなりましたが彼らのJVはその孫の世代まで続きます。R B Magor氏の孫のRichard Magor氏のリードによってGeorge Williamsonは東アフリカに茶園を経営し始めます。ついに2001年4月にロンドンのGeorge Williamson & CompanyとインドのWilliamson Magor & Companyは別の会社になる決断をするのです。

Williamson Teaがなぜケニアの紅茶を専門に扱っているのか、そのような深い歴史がありました。そして、インドに残ったWilliamson Magor Groupは、インドでの紅茶の上場企業です。

一方のロンドンのWilliamson Teaの業績はCompany Houseによれば、2016年の売上は£35M、営業利益も£7.2Mとかなり好調なようです。

日本に入ってきているイギリスブランドの紅茶にはケニア産紅茶がよくブレンドされていますが、ケニア紅茶を前面に押し出して象をパッケージにまでしているWilliamson Teaは珍しいですね。

※イングリッシュブレックファスト 1袋97円


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA