Clipper クリッパー <イギリス>

住所:River View, The Meadows Business Park, Camberley, Surrey, GU17 9AB
電話:0345 6021519
本国HP:https://www.clipper-teas.com/
日本HP:http://clipper-teas.jp/

1984年、当時まだオーガニック市場が開拓されていなかった中、Lorraine と Mike Brehme夫妻はオーガニックでフェアトレードな紅茶ブランドを作りたいと考えました。2005年6月に取材したBBC Newsの”More tea vicar?”によると、彼らはたった£50でスタートさせたのだそうです。

1994年にはフェアトレードマークを取得したUKの最初の企業のうちの一社となります。しかしながら、Telegraph誌の”Fleming family in Clipper purchase”によるとこの夫妻は離婚しそのタイミングで2007年にFleming familyが率いるFFPに£30Mで売却され、This is money誌の記事”Clipper Teas goes Dutch in £50million sale”によるとその後さらに2012年に£50MでオランダのWessanen社に売却されています。この時点で社員90名で売上は£16Mにまで成長していたようです。

実際に、イギリスの会社情報のCOMPANY HOUSEにおけるCLIPPER TEASを調べてみると、おそらく売却に伴って2014年にはファイリングが停止になっていますが、過去の財務ファイリングをみると

£16Mの売上に対して粗利が4.6Mで30%近く、かなり好業績だったことがわかります。

インターネット記事”Exports case study: Clipper Teas”によると、ClipperはUKの6番目に大きな紅茶ブランドであり、45か国で販売されて海外での売上が20%に達しているとのことです。

Clipperの創業ストーリーや製造工場、原産地の様子、フェアトレードの意味をまとめた動画がYoutubeに掲載されています。

日本ではMIE PROJECT株式会社が輸入販売をしています。

※オーガニック イングリッシュ ブレックファスト 1包36円


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA