Republic of Tea リパブリックオブティー <アメリカ>

Republic of Tea リパブリックオブティーは、バナナリパブリック創業者の新たな挑戦として1992年に創業された紅茶、ハーブティーブランドです。
住所:5 Hamilton Landing Suite 100 Novato, CA 94949
電話: 800.298.4832
Republic of Tea リパブリックオブティーは、日本語にすると紅茶共和国ですが、お客様が市民だとすると、社員は大臣で販売店が大使館ということになります。
Republic of Teaは、実は日本でも有名なバナナリパブリック(Banana Republic)を創業した Mel Ziegler氏と彼の妻のPatriciaがバナナリパブリックの株式を売却したのちにBill Rosenzweig氏とともに1992年に設立されました。
1994年にはZiegler氏はワインと飲料業界に詳しいRon Rubin氏に事業を売却しておりその時からリパブリックオブティーが全国に拡大します。
その創業ストーリーは『The Republic of Tea』という一冊の本になっており、裏面にはトム・ピーターズなどが絶賛のコメントを寄せるビジネス書になっています。
本書の序章で著者はバナナリパブリックをローストコーヒーを飲みながら目まぐるしく運営している中で、新たなビジネスを起こしたくなったと述べています。
創業にいたる1990年の長い手紙のやり取りがそのまま掲載されていて、後半にはどのようにビジネスがデザインされていったかなど詳細に記載されています。
また、売上げも記載されていて、1992年330,000ドルの売上で利益が▲74,000ドル、1993年は1,000,000ドルの売上で利益が3,000ドル、1994年には2,100,000ドルで315,000ドルと劇的に売上、利益率ともに向上している様子がうかがえます。
Republic of Teaの縦長丸筒のアルミ缶に様々な絵柄のラベルを貼った紅茶、ハーブティーはアメリカのホールフーズなどオーガニック系スーパーで所せましと棚に並べられているのをよく見ます。
ニューヨークのWhole foods marketもRepublic of Teaが所狭しと並んでいます。
オーソドックスな、当社の茶缶です。丸型のティーバッグが数十枚入っています。
効能ろ前面に押し出したハーブティーも当社の特徴です。
落ち着いた雰囲気のハーブティー
緑茶も様々なアレンジが施されています。
もちろん抹茶もシリーズ化されています。
さらには抹茶のアレンジティーも販売されています。
日本では店頭に並んでいるのを見たことがないため、アメリカに行った際のお土産として最適かと思われます。
※British Breakfast Black Tea Bags 1包25円


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA